ユニットバスへリフォームする場合のポイントと費用

subpage-img

ユニットバスへとリフォームする時になるべく施工費を安くしたい場合には、元の浴室と同じ大きさのユニットバスを選ぶ事が重要です。

同じ大きさのタイプを選ぶ事で、壁を壊す事なく施工する事ができるため、施工費が安く済み、予算内でユニットバスのグレードを上げる事も可能です。在来工法で作られてた浴室と異なり、寒さ対策や水漏れ対策、カビ対策にもなるため、高齢者が住む家の場合にも適しています。

リフォームをする際の注意点として、最初に必ず欲しい機能を正確に把握しておき、ショールームへ足を運ぶようにしましょう。


チラシやネットでのみ確認し依頼してしますとよきせぬトラブルにあう可能性が高くなるため、注意が必要です。

また、施工費に関しては、ユニットバス本体の代金を含む工事費用で計算されているのかも確認しておきましょう。

東京の浴室のリフォームのことなら、こちらをご参考にしてください。

リフォーム会社によっては施工費の中に配管工事費用などを別途請求される場合もあります。

見積もり時にはどういった費用が含まれた金額なのかを把握しておく事が重要です。



一般的にはユニットバス本体価格は、50万円から100万円程度までとなっています。

ただし、タイプ別のグレードによって大きく左右されるため、どの程度のグレードが必要か先に確認をしておきましょう。
リフォーム時にかかる施工費用としては、20万円から80万円程度となっているため、これ以上の施工費や逆に安すぎる場合には、リフォーム会社を検討しなおす事も視野に入れておきましょう。

OKWaveの安心情報、今すぐ確認してみましょう。

top